宗方毅彦のびっくり!通販生活

宗方毅彦のびっくり!通販生活

宗方毅彦のパソコンスクール

宗方毅彦のパソコンスクールのすすめ
もう仕事ではパソコン操作ができなくては、人材としての価値はなくなりました。

 

しかし中高年世代だと、ロクにブラインドタッチもできなかったり非戦力化が深刻です。
そこでおすすめなのがパソコンスクール。
今さらかよ?なんて思ってる人も、リストラにならないように最低限のスキルは身につけておきましょう。

 

 

パソコン教室で学習している人で、就職に役立てようと思ったときにこれ役立つの?
なんて思ったことないでしょうか?

 

パソコンスクールには「入学」「卒業」という概念があるのでしょうか?
履歴書に書くときに「パソコンスクール卒業」というように書いたほうがいいのかどうか迷いますよね。

 

 

自分的には「学校」なわけですから「入学」や「卒業」という文字が当てはまるんじゃないかとは思います。残念な事にパソコンスクールの場合は専門学校などではないために「入学」や「卒業」という言葉は当てはまりません。学歴には当てはまらないと言う事です。

 

しかし、民間資格でも取ったんだよとか、こういう授業を受けて勉強したんだよと言う事をアピールしたい場合は「、、、、スクール、××授業コース修了」というような表記方法がいいのではないかと思います。
これを書くことによりスクールでパソコンの勉強をしたんだなというようには伝わるはずです。

 

 

更に、就職に有利なものと言ったら民間資格でも構わないので「資格」を取っておいたほうが有利になるのではないかと思います。
検定や資格など、取れるものは在学中にとってしまいましょう。

 

取ったら履歴書の資格取得の欄に「、、、、年、、、、月 ××資格 取得」というように記述しましょう。
資格は多い方がアピール力もあっていいと思います。

 

せっかく頑張ってスクールで勉強したのです。コース修了したものも資格を取ったものもアピールできるものは存分にアピールして、就職に有利になるように役立てましょう。

 

トップへ戻る